美容について

香水は正しい場所につけてこそ美容の総仕上げに

意外と女子は香水の正しい塗布場所を知らないため、周囲には微妙な香りの漂わせ方をしています。
香水は美容の総仕上げとなる重要なエッセンスですから、正しい場所を確認して付けるのが鉄則です。
スキンケアもメイクもばっちりとしたら、美容の最後の仕上げは香水になります。
基本的に素敵な香水をつける前には、素肌を清潔にすること、汚れのある状態だと匂いが混ざるからです。
香りが漂って欲しい30分前に香水をつけるのが、本当にベストな香水のつけるタイミングになります。
肌が少し湿るくらいに付けるのが、香水の正しいつけ方であり、こすりつける必要はありません。
最大級に大事なのは香水をつけるパーツであり、耳の後ろや肘の内側、首筋などがベターです。
このパーツには大きい血管がある場所であり、肉体の体温も高いので、本来の香水の香りが漂うことになります。
付けないほうがいいパーツは、耳や髪の毛、足の裏などの場所です。
髪の毛は香水をつけやすいものの、配合成分で髪はダメージを受けやすいので、髪は避けるようにします。

Copyright© 美容 All Rights Reserved.

香水は正しい場所につけてこそ美容の総仕上げに
美容